フェレットはイタチ科?

フェレットはイタチ科?

フェレットはヨーロッパケナガイタチやステップケナガイタチが家畜化されたイタチ科に属する動物です。古くからヨーロッパで飼育されてきた歴史のあるペットです。

現在はヨーロッパのみでなく世界各国でペットとして飼育されています。また、ペットだけでなく狩猟用や実験用、毛皮採取用などでも用いられています。

体長は大人で35センチから50センチほどでメスの方が小さいです。視力はあまりよくないが、嗅覚と聴覚、動体視力に優れています。

毛の色も様々な種類の個体がいるのも特徴的です。ペット用として飼われている個体は人懐こく、猫と同じように飼うことができます。

猫のように鳴き声も大きくないので集合住宅など周りが気になる場合など最適なペットと言えるでしょう。

フェレットは家畜として飼われていたって本当?

フェレットは家畜として飼われていたって本当?

フェレットは元々イタチを改良して作られた品種であり、性質上もイタチとよく似ています。

数千年前から家畜として飼われていて、人間との関わりが長い動物です。イタチよりも毛がフカフカしていることから、ミンクなどの代用品である毛皮目的で飼われていたこともありました。

しかし最もよく利用されたのが、狩りのお供です。うさぎや齧歯類を狩るために、獲物を巣穴から追い出す役目を担っていたのです。

面白いところでは、猫と同じ役目としてネズミを捕ったり、ブラシを付けられて狭い管の中に離され、人が掃除しにくい管の掃除などに使われていたということもありました。

体の大きさや素早い動きの特性が、様々なことに利用されていたことがわかります。

チンチラの健康状態は毛並みで分かる?

チンチラの健康状態は毛並みで分かる?

その見た目の愛らしさから人気が高いフェレットですが、ペットとして飼育する際にはその性格を理解した上でケガをさせないように気を付けなければなりません。

フェレットは個体差はありますが基本的に好奇心旺盛です。エサを食べている時間と寝ている時間以外はほぼ遊んでいると考えた方がよいほど、エネルギッシュで遊びに夢中になってしまいます。

また、ペットとして飼育する際に気になる人懐っこさも兼ね備えた性格を持っています。

遊びが好きで人懐っこい愛らしい性格ではありますが、遊びに夢中になって狭い場所に入り込んでしまったり、電気コードを噛んでしまう可能性もあります。

なので入り込まれると困る場所には入れない工夫を、また電気コードもかじられない対策が必要です。