ミニブタがミニなのは最初のうちだけ?

ミニブタがミニなのは最初のうちだけ?

愛らしい姿で近年人気が高まっているミニブタですが、成長するとそれなりの大きさになります。大体で個体差はあるものの、ミニと呼べるのは最初の1年や2年だけと思っておいた方がいいでしょう。

ただ一般的に家畜されているブタたちと比べると、確かにミニと呼べるサイズではあります。屋内でも十分に飼育はできますし、ブタはもともと綺麗好きなのであまり周囲を汚しません。

犬と同じように定期的な散歩が必要なことから、大きくなった後に一緒に出歩くことも考えて飼い始めてください。

ちなみに年を重ねると、約1mくらいの大きさになるミニブタもいます。体重も相当なものになるため、力が強く迫力が出ます。

それでも性格は変わらず優しいままですから、最期まで責任を持ってお世話をしましょう。

食べる・寝るが大好きなミニブタは凄く大きくなる?

食べる・寝るが大好きなミニブタは凄く大きくなる?

ミニブタは子供の時はその名の通り小さくてとても可愛らしいですが、成長すると大きくなるブタです。

約3年程かけて成長し、平均体重が20から30kgで大体100kg以下のブタがミニブタと呼ばれています。子供の時の様に小さいままのミニブタは存在しません。

大きくならないようにと餌をあげない行為は栄養失調に繋がりますので控えて、適度な餌の管理を心掛ける事が必要になります。

ミニブタを飼う時には将来大きくなった時も飼い続けられるかと言う事も考えて飼育場所などを予め用意してから飼い始める事が大切です。

飼育環境は一部屋まるごとミニブタの部屋にする、庭に専用のケージを置いて飼育するなどします。賃貸のアパートやマンション、狭めな一軒家などでは飼育に適しません。

ミニブタは大きくなっても性格は優しい?

ミニブタは大きくなっても性格は優しい?

ミニブタは性格が穏やかなことで知られていますが、大きくなってもそれは変わりません。しかも綺麗好きで人懐っこいですので、他人に迷惑を掛けることもほぼないでしょう。

もちろんその見た目から、子どもに怖がられるようなことはあるかもしれません。とはいえ優しく感受性が豊かな生き物ですし、接していればすぐにそれも伝わるはずです。

ただ注意をしておかないと、わがままな性格になってしまうリスクはあります。例えば散歩の際のコース取りや拾い食いなど、都度主導権を握っておかないと味を占めます。

こういった部分は犬にも共通するところがあり、ミニブタの場合は大きくなると体重も激増するので大変です。小さなときから適宜躾をして、優しいだけではない利口なミニブタにしてください。