モルモットの性格は温和で穏やか?

モルモットの性格は温和で穏やか?

俊敏なイメージのあるネズミにもたくさんの種類がおり、中でもモルモットは臆病な性格の上に動きも鈍く、非常に周囲の状況と動きに敏感な生き物です。

ほかのネズミ科の仲間たちと同じような習性は持っていますが、神経質でデリケートなために、飼育容器の向きを変えただけでもエサを食べなくなったり水を飲まなくなったりします。

飼い始めのころは初めての環境に慣れないので、少しの物音でもそれがストレスになります。モルモットは性格臆病ですが旺盛な好奇心も持っています。

比較的人懐っこい部分もあり、特にオスは人間に懐きやすい傾向にあります。モルモットは臆病な性格ですが穏やかでもあります。

飼育ケースの外に出して遊ばせるときには、いろいろなものをかじるので注意しましょう。

モルモットの性格は人懐っこく感情表現豊か?

モルモットの性格は人懐っこく感情表現豊か?

犬や猫を飼いたいと思っても鳴き声が気になったりペット禁止のアパートやマンションに住んでいると飼う事は不可能ですが、鳴き声を上げる事も無くゲージで手軽に世話の出来るモルモットは昔から人気の小動物です。

小さくて愛らしいモルモットは基本的には警戒心が強くなつきにくいとも言われていますが、ペットショップで選ぶ時にポイントを抑えて選べば非常に人懐っこく愛らしいペットとして成長してくれます。

そのポイントとはまずは大人ではなくなるべく若いモルモットを選ぶ事で、小さい頃からお世話をする事で飼い主さんを味方だと認識して信頼してくれるのです。

また選ぶ時には手のひらに乗せてみたり軽く指で触った時に嫌がらないモルモットを選ぶ事が大切です。

人間と同じ様に様々な性格の違いがある事から、最初の接触でコミュニケーションが取れるか見極めれば成長に伴い感情も豊かで人懐っこくなってくれます。

モルモットの性格はペットにするのにおすすめ?

モルモットの性格はペットにするのにおすすめ?

モルモットの性格はペットにするのにおすすめです。モルモットは非常に穏やかでおとなしく、臆病な性格の子が多いです。

もともと被食性の草食動物なので外敵から身を守るために群れで生活していた動物です。天敵も多いため警戒心がとても強く、一日中穴の中や物陰にひっそりと隠れて過ごす習性も持っています。

周囲の環境の変化にも敏感で人の足音や物音に敏感に反応してすぐに隠れてしまいます。そのように臆病で神経質なところがありますが、感受性が強く好奇心旺盛なところもあります。

特にペットとして飼われる個体は最初は臆病でビクビクして怯えていますが、慣れて来ると自分で部屋の中を歩き回って散策したりする子も多いです。

人間との生活に慣れると飼い主さんの元へ走り寄っていく人懐こい子も多いのもモルモットの特徴と言えます。