鳥類の一番人気は?

鳥類の一番人気は?

ペットとして飼う鳥類で一番の人気は、やはり「セキセイインコ」です。程よい大きさと綺麗な色は、今も昔も人気が衰えません。人懐っこく慣れると手乗りにできるため、お世話も楽しくできます。個体によっては上手におしゃべりをする子もいるので、言葉を覚えさせるのもコミュニケーションにつながります。鳥類のペットとして定番中の定番ですが、あまり手が掛からず飼いやすいため、小さなお子さんも一緒にお世話ができるでしょう。

寂しがり屋のうさぎを飼うには?

寂しがり屋のうさぎを飼うには?

うさぎを飼ったことがない人は、「ウサギは寂しいと死ぬ」という言葉を気にして、飼い方がわからないと思い悩むようです。でも実際は野生で力強く生きている動物のうさぎは寂しがり屋ではありません。必要以上に気を使って体を撫でまわしたり、一緒に常に行動したりする必要はありません。日中家にいない一人暮らしなので寂しい思いをさせてしまう、などと気に悩まなくても大丈夫です。ほかのペットと同じように、部屋を清潔に保ってストレスを与えないようにしましょう。

小さくて可愛いハムスターの一番人気の種類は?

小さくて可愛いハムスターの一番人気の種類は?

小さくて飼いやすいペットの一つがハムスターです。ハムスターには色々種類がありますが、近年の一番人気は、身体の小さなジャンガリアンハムスターです。慣れると人懐っこく手乗りにすることも可能です。一昔前は大きめのゴールデンが定番でしたが、今は小ささがキュートなジャンガリアンが定番となっています。ゴールデンを飼ったことのある人からすると、かなり小さく感じるかもしれません。しかしその見た目の小ささが人気の秘訣でもあるのです。

人気沸騰中のハリネズミは飼いやすいの?

人気沸騰中のハリネズミは飼いやすいの?

ハリネズミは実はネズミではありません。ですからネズミの仲間であるハムスターなどと同じような飼い方ではダメということになります。ハリネズミはモグラの仲間で夜行性の動物です。非常に憶病な性格なので、慣れるまでに少し時間がかかる場合が多いようです。一番気を付けてあげることはストレスを与えないということですが、その反面記憶力もよく、人にもなつきやすいので、愛情を持って根気よく育ててあげれば、飼いやすい動物といえるでしょう。

愛らしい顔のデグーは一体何科?

愛らしい顔のデグーは一体何科?

最近ペットショップの小動物コーナーで見かけるようになった「デグー」。一見ネズミの仲間のように見えますが、一体何科の動物か知っていますか?デグーはデグー科に属する齧歯類なのです。同じ齧歯類でも、ネズミとは違う種別に位置しています。齧歯目のヤマアラシ亜目に分類され、チンチラやモルモット・カピバラやヤマアラシなどと同じ種類です。実際に飼ってよく観察すると、ウサギやリスなどにも似ているように感じるでしょう。

モルモットは性格がとても可愛い?

モルモットは性格がとても可愛い?

ペットとして買っている人も多い「モルモット」。小さくケージの中で飼えるため、お世話が楽で昔から人気があります。モルモットは慣れると、抱っこもできる可愛い性格をしています。夜行性なので昼間は寝ていることが多いですが、活発に動いている動作はとても愛らしいです。最初は警戒して噛んだりして警戒する子もいますが、慣れると人の手から餌を食べることも可能です。個体の性格にもよりますが、比較的お子さんなどでも飼いやすいため、初めてのペットとしておすすめできます。

チンチラは毛の色によって価格が違う?

チンチラは毛の色によって価格が違う?

ネズミの仲間である「チンチラ」は、その見た目の可愛さからペットとしての人気も高まっています。チンチラには色々な毛色があります。実は毛の色によって価格も変わってくるのです。良く見るスタンダードグレーは一番手頃で、2~3万前後です。順にシナモン・ブラックベルベッド・ブラックエボニー・ホワイト・パイド・バイオレットと価格が上がります。バイオレットなど希少な毛色は10万前後と高めに設定されている場合が多いです。

フェレットは一体どんな動物?

フェレットは一体どんな動物?

最近は小動物ペットとして定番になっている「フェレット」ですが、一体どんな動物か知っていますか?フェレットはイタチ科の動物です。身体が細長く、シャープな印象があります。可愛い顔付きですが、身を守るために臭いおならをするのが特徴です。しかしペットとして販売されているフェレットは、臭腺除去の手術がしてあるため安心して飼うことができるでしょう。人懐っこい性格ですが、中には噛み癖のある子もいます。できるだけストレスが掛からないように、上手に飼ってあげてください。

ミニブタはどこまで大きくなるの?

ミニブタはどこまで大きくなるの?

ペットとしても室内で飼うことができる「ミニブタ」。小さく可愛らしい見た目で人気があります。しかし一体どのくらいまで大きくなるのでしょう。ミニブタは普通のブタよりも1/3から1/4ほどの大きさです。成長すると40㎏から70㎏くらいにまでなります。ただし個体や飼育環境などによっても違ってくるので、思っていた以上に大きくなってしまったと言うこともあるでしょう。平均サイズを大きく越しても、きちんと最後まで面倒が見られるように、環境を整えておく必要があります。